東海中央病院TOP > 診療科・部門 > 脳神経外科

脳神経外科

概要と特色

診療の中心は脳血管障害(くも膜下出血、脳出血、脳梗塞)、頭部外傷などの急性疾患や、脳腫瘍、顔面けいれん、三叉神経痛など脳神経外科全般にわたって診療を行っています。通常の外来では頭痛や手足の痺れなどを主訴に受診される方が多いのですが、診療は月曜日から金曜日まで毎日行っていますので上記症状でご心配の方はご相談ください。また当院では人間ドック事業の一環として脳ドックも行われており、脳卒中予防にも力をいれています。

主な疾患と治療について

顕微鏡下に脳動脈瘤手術、脳腫瘍摘出術、血腫除去術、頭蓋外−頭蓋内血管吻合術や、頚動脈の血栓内膜剥離術などを行います。また脳血管内治療の専門医も赴任し、脳血管内手術にも対応できるようになりました。

特殊外来

グリオーマホスピス

脳腫瘍とは頭蓋内にできる新生物で、良性のものと悪性のものがあります。良性腫瘍は髄膜腫、下垂体腫瘍、神経鞘腫などで、全摘出により再発が起こることはなく生命を脅かすことは稀です(一部、悪性化したり、場所によって生命の危険があることはあります)。悪性の腫瘍の代表はグリオーマ(神経膠腫)と呼ばれ、良性腫瘍とは違って浸潤性に発達し、全摘出は困難で生命予後は極めて不良です。
グリオーマは頭に出来る腫瘍のなかで最も多くみられ、全脳腫瘍の約3割にあたります。1年間の発生率は人口10万人あたり5名程度といわれていますので、岐阜県の人口約200万人に対して100名程度の方が1年間に発症します。

グリオーマは細かく分類すると何十種類もありますが、比較的良性のものから悪性のものまで4段階に大別されます。最も悪性のグリオーマが神経膠芽腫(グレード4)と呼ばれ、平均余命は2年以下です。
神経膠芽腫の標準治療は、まず開頭により摘出術を行い、放射線治療と化学療法を追加します。摘出術は90%程度以上取れば生存期間が数ヶ月延びるという説もありますが、脳は胃や大腸などの消化器と違って全部を摘出することが出来ません。それに加えて腫瘍の周りを取り過ぎたりすると、麻痺や言語障害が起こります。このため、腫瘍は全部取って生存期間を延ばしたいけど、障害は起こしたくないというジレンマの中で脳神経外科医は治療に当たることとなります。また、腫瘍細胞はMRIやCTで見える境界よりも深く脳内に浸潤しており、現実的に全部を摘出することは困難です。
神経膠芽腫は全部摘出して、放射線治療や化学療法を行っても、必ず再発します。しかし、現在のところ再発した場合の治療法は確立されていません。再発してからの生命予後は1年以内といわれ、どのように余命を迎えるかは、患者さんや家族にとって辛い時期になります。

このように神経膠芽腫は不治の病であり、手術や放射線・化学療法を行っても数ヶ月程度延命出来るだけとなります。このため、高齢者や再発により既に大きな障害を来している方は、治療そのものを見送られ緩和医療を選択される方もみえます。
緩和医療とは、一般的には胃がんや乳がんなどの首から下の癌が、転移するなどして末期状態になったときに、痛みなどを和らげ、安らかに死期を迎えることを手助けする医療です。これらのがん患者さんは、意識があるうちに自分の意思で最期の迎え方を選択できます。しかし、神経膠芽腫の末期状態の多くは、再発により麻痺や言語障害など重い障害があったり、自分で意思表示が出来ない場合が多く見られます。このため、神経膠芽腫の緩和医療は、一般的な緩和医療とは趣が異なります。また、本邦では神経膠芽腫などの悪性脳腫瘍患者に対する緩和医療を専門的に行っている施設はありません。
東海中央病院には、緩和医療病棟があり、専門的なスタッフが多く在籍しています。このため2019年2月より、私たち脳神経外科では、神経膠芽腫をはじめとした悪性脳腫瘍患者の終末期医療をサポートするために、グリオーマホスピスを開設しました。
グリオーマホスピスでは、入院治療から在宅医療、施設入所の相談・紹介、在宅時・入所時の急変対応など、患者さんがよりよく最期を迎えるためのサポートをさせていただきます。

【外来日時】

毎週金曜日(第1.3.5 副田、第2.4 松久) 11時00分~12時00分 ※完全予約制

医師紹介

役職
(出身大学/医学部卒業年)
氏名 資格等
副院長
第一脳神経外科部長
(岡山大学/昭和60年)
松久 卓 日本脳神経外科学会認定専門医
日本脳卒中学会専門医
第二脳神経外科部長
(岐阜大学/平成5年)
山田 潤 日本脳神経外科学会認定専門医
日本脳神経血管内治療学会認定専門医
日本脳卒中学会専門医
第三脳神経外科部長
(岐阜大学/平成8年)
副田明男 日本脳神経外科学会認定専門医
非常勤医師
(岐阜大学/平成3年)
安藤弘道 日本脳神経外科学会認定専門医・指導医