東海中央病院TOP > 診療科・部門 > 脳神経外科

脳神経外科

概要と特色

診療の中心は脳血管障害(くも膜下出血、脳出血、脳梗塞)、頭部外傷などの急性疾患や、脳腫瘍、顔面けいれん、三叉神経痛など脳神経外科全般にわたって診療を行っています。通常の外来では頭痛や手足の痺れなどを主訴に受診される方が多いのですが、診療は月曜日から金曜日まで毎日行っていますので上記症状でご心配の方はご相談ください。また当院では人間ドック事業の一環として脳ドックも行われており、脳卒中予防にも力をいれています。

主な疾患と治療について

顕微鏡下に脳動脈瘤手術、脳腫瘍摘出術、血腫除去術、頭蓋外−頭蓋内血管吻合術や、頚動脈の血栓内膜剥離術などを行います。また脳血管内治療の専門医も赴任し、脳血管内手術にも対応できるようになりました。

医師紹介

役職
(出身大学/医学部卒業年)
氏名 資格等
副院長
第一脳神経外科部長
(岡山大学/昭和60年)
松久 卓 日本脳神経外科学会認定専門医
日本脳卒中学会専門医
第二脳神経外科学会
(岐阜大学/平成5年)
山田 潤 日本脳神経外科学会認定専門医
日本脳神経血管内治療学会認定専門医
日本脳卒中学会専門医
第三脳神経外科部長
(岐阜大学/平成8年)
副田明夫 日本脳神経外科学会認定専門医
非常勤医師
(岐阜大学/平成3年)
安藤弘道 日本脳神経外科学会認定専門医・指導医