東海中央病院TOP > 診療科・部門 > 腎臓内科

腎臓内科

概要と特色

腎疾患全般について内科的アプローチの診療を行います。蛋白尿、血尿を呈する各種腎疾患に対しては尿検査、血液検査、超音波検査、CTスキャン、アイソトープ検査による腎臓内科学的見地からのスクリーニングを行い、食事療法をはじめとする腎不全教育や薬物治療により腎不全の進行阻止を図ります。高度蛋白尿やネフローゼ症候群を認める場合には適宜腎生検を実施し、ステロイドパルス療法や免疫抑制剤による治療を行います。また高度の腎不全に対しては、血液透析もしくは腹膜透析を導入します。ご家族の協力と条件に恵まれていれば生体腎移植のできる近隣施設を紹介します。献腎移植をご希望される方は岐阜大学を中心とする腎移植ネットワークへの登録をお手伝いします。

透析について

血液透析は外来18床で月・水・金は1日2クール、火・木・土は1日1クールで約40名、腹膜透析は2週間に1回の通院にて約10名の維持透析を行っています。透析室は看護師9名、臨床工学技士4名で構成しています。
重症の入院患者さまには病棟血液透析を行い、その他にも膠原病・神経疾患・劇症肝炎などに対する免疫吸着、二重膜濾過、血漿交換療法や外科術後のエンドトキシン吸着、閉塞動脈硬化症や家族性高脂血症にはLDLアフェレーシス等の多岐にわたる血液浄化療法を行います。

特殊外来

CAPD(腹膜透析)外来

毎週火曜日と木曜日に行っています。腹膜透析とは、おなかに腹膜透析液を入れ、腹膜を介して水や老廃物を取り除く方法です。血液透析にくらべ、身体への負担が少ない療法です。

医師紹介

役職
(出身大学/医学部卒業年)
氏名 資格等
腎臓内科部長
(名古屋大学/平成4年)
筑紫さおり  
内科医員
(山梨大学/平成24年)
小崎陽平 日本内科学会認定内科医