東海中央病院TOP > 診療科・部門 > 血液内科

血液内科

概要と特色

血液内科とは、白血球、赤血球、血小板といった血液細胞の量的・質的異常、その血液細胞を産生する骨髄の異常、リンパ節や脾臓の異常、出血を止める働き(止血)の異常を扱うところです。具体的には鉄欠乏性貧血、悪性貧血、溶血性貧血、再生不良性貧血などの貧血、急性、あるいは慢性白血病、骨髄異型性症候群、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫などの造血器腫瘍、血小板減少症、止血・血栓の異常などの診断・治療にあたります。