東海中央病院TOP > 診療科・部門 > 循環器内科

循環器内科

概要と特色

循環器内科は、心不全・不整脈を主体とする心筋疾患、心筋梗塞・狭心症などの虚血性心疾患、閉塞性動脈硬化症(ASO)・大動脈瘤などの血管疾患、肺血栓塞栓症(エコノミークラス症候群)を主体とする肺血管疾患、高血圧や高脂血症などの生活習慣に関連した疾患を対象に検査・治療を行っています。
循環器疾患には救急医療が不可欠であり、24時間体制の循環器救急医療を実施し、急性心筋梗塞症を中心にした緊急症例の受け入れを行っています。
また、循環器全般にわたり診療能力を発揮し得る専門医の養成を行う日本循環器学会認定循環器専門医研修施設になっており、症例検討会や学会発表への積極的な取り組みを心がけています。

主な疾患と治療について

急性心筋梗塞には、緊急冠動脈造影、経皮的冠動脈インターベンション(PCI)などの治療により、予後の改善度の向上とともに在院日数の減少が得られています。
心不全や不整脈の患者には、大動脈内バルーンパンピング(IABP)、経皮的心肺補助(PCPS)、ペースメーカーなどにより対処しています。また、学会発表やCPCへの積極的な取り組みを心がけています。

特殊外来

心臓血管外科

心臓血管外科医が心臓血管の手術予定の方や手術後の方の診察をします。手術を迷っている方への手術の方法や危険性など、心配されていることも説明します。心筋梗塞や狭心症、心臓弁膜症、先天性心疾患や動脈瘤などの疾患が対象です。
手術に関連する検査結果、画像(X線、エコー)をお持ちいただければ、当院での検査は省略します。PTCAやペースメーカーの手術は行っていますが、冠動脈バイパス術や弁膜症の手術は大学病院や県立病院などへ紹介いたします。別の病院でもう一度説明を受けたい方(セカンド・オピニオン)も受け付けています。

禁煙外来

毎週月・木曜日 13時30分からの完全予約制で行っています。禁煙外来のページをご参照ください。

医師紹介

役職
(出身大学/医学部卒業年)
氏名 資格、主な所属学会等
健康管理センター長
(名古屋大学/昭和55年)

小川昭三

医学博士
日本循環器学会認定循環器専門医
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医・指導医
日本人間ドック学会専門医・指導医
日本人間ドック健診情報管理指導士
日本医師会認定産業医
日本救急医学会
日本脈管学会
日本超音波医学会
日本心血管インターベンション治療学会
日本人間ドック学会
参与
内科部長
診療放射線科部長
医療安全管理室長
(名古屋大学/昭和56年)
松井春雄 日本循環器学会認定循環器専門医
日本内科学会認定内科医・指導医
日本医師会認定産業医
第一循環器内科部長
(金沢大学/平成3年)
内田一生 医学博士
名古屋大学医学部臨床教授  
日本循環器学会認定循環器専門医  
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医・指導医・評議員(東海)  
日本医師会認定産業医  
日本心臓病学会  
日本心血管インターベンション学会  
日本心臓リハビリテーション学会
医務局長
第二循環器内科部長
(浜松医科大学/平成16年)
松尾一宏 医学博士
日本循環器学会認定循環器専門医
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本医師会認定産業医
日本高血圧学会
日本心血管インターベンション学会
日本心臓リハビリテーション学会
抗加齢医学会
内科医長
(平成22年)
辻 太一  
内科医員
(浜松医科大学/平成24年)
宮崎達也 日本内科学会認定内科医
内科医員 安達祐馬