東海中央病院TOP > 診療科・部門 > 外科・消化器外科

外科・消化器外科

患者さんの負担を最小限にする単孔式腹腔鏡下手術を行っています

腹腔鏡下手術は、おなかに開けた穴から器具を挿入して行います。おなかを大きく切開する開腹手術に比べ、患者さんの負担が少ない手術です。従来の腹腔鏡下手術は、おなかに4~5ヶ所の穴を開けて行いますが、当院ではおへそに1ヶ所だけ穴をあけて行う単孔式腹腔鏡下手術を進めています。従来の腹腔鏡下手術よりも、患者さんへの負担はさらに少なく回復までの期間が短い手術ですが、制限された術創から操作を行うため高度な技術を必要とします。適応されない症例もありますが、日々修練を重ね、3Dカメラ等の最新機器を用いて、小さな傷で安全かつ痛みの少ない根治手術を追及しています。

概要と特色

当科は、主に消化管外科(食道、胃、大腸)、肝胆膵外科(肝臓、胆管、胆嚢、膵臓、脾臓)及びヘルニア等を扱っています。単孔式腹腔鏡下手術は胆嚢・小腸・大腸・ヘルニアに対して、従来の腹腔鏡下手術は胃・小腸・大腸の癌や炎症性疾患に対し、標準ガイドラインに沿って施行しています。食道癌は名古屋大学の協力下に手術を施行しています。その他、気胸などの手術も施行しています。また、癌の化学療法についても、外来癌化学療法治療室を整備し、積極的に取り組んでいます。
どのような疾患も、患者さんとよく話し合って治療を行っています。

主な手術・処置

  • 消化器外科(胃切除術、大腸切除術、腹腔鏡下胃切除術、腹腔鏡下大腸切除術、食道切除術 など)
  • 肝胆膵外科(肝切除術、腹腔鏡下肝切除術、膵切除術、腹腔鏡下胆嚢摘出術 など)
  • 一般外科 (鼠径ヘルニア手術、腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術 など)

手術紹介

腹腔鏡下手術

腹腔鏡下手術とは

従来の手術法では、からだにメスを入れ、大きく切り開き、病変を目で確かめながら手術を行っていましたが、腹腔鏡下手術では小さな切り口から腹腔鏡(内視鏡カメラの一種)を通して病変部位を拡大画面で見ながら手術を進めます。従って患者さんに対する侵襲(ダメージ)はきわめて小さくなりますので、低侵襲手術とも呼ばれています。

腹腔鏡下手術の場合、腹部に5-12㎜の小さな穴を数か所(4-5か所)開け、そこから専用の筒を挿入します。次に腹腔内(お腹の壁と臓器の間の空間)を炭酸ガスで膨らませ、腹腔内に空間を作ります。一つの穴からは腹腔鏡を挿入し、お腹の中の様子をモニター画面に大きく映し出します。 別の穴からは手術器具を挿入し、モニター画面を見ながら操作します。病変部は小切開口(4-6㎝)から体外へ取り出し、切除します。その後、吻合(腸をつなぎ合わせること)を行い、体内へ戻します。
腹腔鏡下手術のメリットとしては、①傷が小さい(開腹手術の場合は、20㎝以上の傷)、②術後の痛みが少ない、③回復までの期間が短い、④入院期間が短く社会復帰が早い、⑤術後の癒着が少ないなどがあります。
但し、腹腔鏡下手術には適応外(適応されない)の症例もあります。 例えば、①病状の進行具合(他臓器への転移など)、②モニター画面を通して視野の確保が困難、③術後の出血等の危険性が大きい、などが挙げられます。
どんな病気でも、医師とその治療法についてよく話し合い、ご自身が納得した上で選択することが大切です。腹腔鏡下手術を希望される場合は、手術のメリット、デメリット、適応、リスク、合併症、予測される術後の経過などについて、担当医とよく話し合った上で選択してください。

当院での腹腔鏡下手術

現在のところ胆嚢摘出術、虫垂切除術は勿論ですが、胃・小腸・大腸の癌や炎症疾患の腹腔鏡下手術を行っています。3Dカメラ等の最新機器を用いて、内視鏡外科技術認定医が安全確実な手術を施行しています。

腹腔鏡下手術の実際(直腸癌の場合)

1.病変部近くの腸間膜を処理し、病変部を持ち上げ、保持する。

2.自動縫合器を用いて病変部を切除する。


3.自動吻合器を肛門から挿入し、大腸をつなぎ合わせる。

4.吻合(つなぎ合わせ)完成

単孔式腹腔鏡下手術

単孔式腹腔鏡下手術は、へそに1か所だけ穴をあけて、そこから3つの器具を挿入して行う手術です。従来の腹腔鏡手術よりも傷口が少なく、術後の癒着による合併症が少なくなると考えられます。また、傷跡は1か所だけで、へその中に引き込まれて見えにくくなるため、美容的なメリットもあります。
従来の腹腔鏡下手術に比べて低侵襲手術ですが、制限された術創より操作を行うため、高度な技術が必要となります。そのため、単孔式腹腔鏡下手術を安全に行うには、腹腔鏡下手術の分野で一定の修練を積み、更に独特の手術操作に習熟することが求められます。
当院では、本術式を、今後の内視鏡外科におけるひとつの選択肢となるよう、その利点や欠点をよく理解して頂き、十分なインフォームドコンセントを得た上で実施してまいります。



また、胆嚢だけでなく小腸・大腸の手術にも単孔式腹腔鏡下手術を取り入れております。従来の手術創と単孔式の手術創を比較してお見せ致します。

胆嚢手術の場合


通常の腹腔鏡下手術


単孔式腹腔鏡下手術

大腸手術の場合


開腹手術


単孔式腹腔鏡下手術

単孔式腹腔鏡下手術のメリット、デメリット
メリット デメリット
傷口が一カ所ですむ
傷口が小さく、見ためが良い
傷が少ないため術後の癒着が少ない
早期離床、早期退院が可能
一つの穴で操作するため技術が必要
手術時間が少し伸びる

鼠径ヘルニアとは

鼠径ヘルニアとは、足の付け根の辺りの筋肉や支持組織が弱くなった結果、腹膜とともに、お腹の中の臓器や内臓脂肪が脱出する病気です(図1)。

当院では、今まで前方アプローチ法といって、鼠径部を5-7cmほど切開(写真1)し、筋肉や筋膜をかき分けて人工物を充填して補強する方法で手術(図2)をしていました。この術式は、再発率も低く、優れた方法で現在も多くの病院で採用されています。
一方で、体表から人工物を充填することによる違和感や合併症として数は少ないですが、神経痛などが報告されています。

腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(腹腔内到達法:TAPP法)とは

近年の腹腔鏡手術の進歩は目覚ましく、鼠径ヘルニア治療も例外ではありません。当院は2013年4月より腹腔鏡手術や整容性に優れた単孔式手術を本格導入しており、最新の機器や3Dモニターなどを取り揃えております。
当院では、経験豊富な施設の指導を受けた後、2014年3月より腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術を導入しました。

腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術は、お腹に1つ(単孔式)から3つの穴を開け、その穴から電子スコープと操作用の器具を挿入して、映し出されたモニター映像を見ながら行う手術です(図3)。お腹の内側から人工物を敷く(図4)、理論的に優れた術式です。

腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術のメリットとして
  1. ヘルニアの場所と大きさの診断が確実にできる。
  2. 術後の神経痛、違和感などの後遺症を最小限にできる。
  3. 術後の運動制限が殆どない。
  4. 創部が小さい(写真2-1、2-2)。

などが期待できます。

術前CT、超音波による診断

以前は、手術中にヘルニアの病型や大きさを診断していましたが、近年CTや超音波の精度が向上し、術前にその病型や大きさが診断できるようになりました。CTはうつ伏せでお腹に力をいれて撮影し、超音波では寝た状態と立ち上がった状態の両方で比較するなど、工夫しながら施行しています。
また本人が自覚していない対側の小さなヘルニアについても診断可能なってきています。
2015年3月より、放射線科医師と放射線技師と連携して、正確な術前診断の上、病型や大きさに見合った手術法を選択できるようにしています。

当院では、メリットの多い腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術をお勧めしております。
ただ、お腹の中に高度の癒着が想定される場合や全身麻酔が難しい方は適応とならない場合があります。また、従来通りの前方アプローチも勿論対応可能ですので、気になる症状のある方は外科外来まで相談にいらしてください。

手術患者様のデータ収集における個人情報の保護について

当科では、患者様に最高の医療を提供するように心がけておりますが、世の中にこうした先進医療を広めるために、学会や論文で発表を行なっております。具体的には、手術を受けられた患者様の手術内容や手術時間、出血量といった手術関連のデータのみを扱いますので、氏名等の個人情報は使用いたしません。勿論、お申し出があれば、そうしたデータでも発表をいたしません。相談窓口および責任者は下記のとおりですので、いつでもお申し出ください。
東海中央病院 外科  日比 健志

メディア掲載

週刊朝日MOOK 手術数でわかるいい病院 2016

鼠径ヘルニア治療欄に、当院が広告掲載されました。

特殊外来

形成外科外来

ストーマ外来

医師紹介

役職
(出身大学/医学部卒業年)
氏名 資格、主な所属学会等
副院長
第一外科部長
(名古屋大学/前昭和大学外科教授)
日比健志 日本消化器外科学会評議員
日本外科感染症学会評議員
日本消化管学会代議員
日本単孔式内視鏡手術研究会評議員
日本内視鏡外科学会技術認定医
日本外科学会指導医・専門医・認定医
日本消化器外科学会指導医・専門医・認定医
日本大腸肛門病学会指導医・専門医
外科周術期感染管理教育医・認定医
日本消化器病学会専門医、胃腸科指導医・専門医・認定医
がん治療認定医、消化器がん外科治療認定医
マンモグラフィー読影認定医
インフェクションコントロールドクター(ICD)
産業医
日本胃癌学会
日本癌治療学会
日本臨床外科学会
日本静脈経腸栄養学会
消化器外科部長
(愛知医科大学/平成15年)
堀田佳宏 日本外科学会
日本消化器外科学会
日本癌治療学会
日本臨床外科学会
日本胃癌学会

第二外科部長
(長崎大学/平成14年)

福本良平  
外科医長
(宮崎大学/平成16年)
高野奈緒 日本外科学会専門医
日本がん治療認定医機構認定医
日本消化器外科学会消化器外科専門医・消化器がん外科治療認定医
日本肝胆膵外科学会
日本臨床腫瘍学会
日本胃癌学会
日本臨床外科学会
日本食道学会
外科医長 小川貴美雄  

診療実績

2014.1~12月

  開腹手術 内視鏡(補助)手術
胃・十二指腸(悪性) 9 17
小腸(腫瘍) 1  
結腸・直腸 5 53
腸閉塞(原発腫瘍を除く) 13 3
虫垂 2 19
小腸・大腸(炎症性腸疾患) 13 2
肛門(炎症性腸疾患を含める) 9  
肝(腫瘍) 1  
胆嚢・胆管(良性) 5 49
副腎   1
鼠径・大腿ヘルニア 23 57
その他の腹部手術 35 4
  手術件数
甲状腺 6
乳腺 32
肺(胸腔鏡下) 11
静脈瘤 2
人工肛門造設術 13
CVポート造設術 38
IVHポート造設術 6

学術活動

論文(解説、レビュー)

  1. 日比 健志.手術手技 術者のみで行う単孔式腹腔鏡下胆嚢摘出術.手術70(5),page-印刷中,2016.
  2. 日比 健志(昭和大学藤が丘病院 消化器外科).手術手技 合理化による安全確実な大腸癌単孔式腹腔鏡下手術.手術66(10),1473-1476,2012
  3. 松原 猛人(昭和大学藤が丘病院 消化器外科), 日比 健志.【ヘルニア手術を究める】 鼠径ヘルニア bilayer connected mesh device(BCMD)法.手術66(5),541-546,2012.
  4. 高野 奈緒(名古屋大学 大学院医学系研究科消化器外科学), 藤井 努, 小寺 泰弘. 【Borderline resectable膵癌-術前診断と治療方針の将来展望-】 Borderline resectable膵癌 術前化学放射線療法の治療効果と術前診断の限界. 癌の臨床 (0021-4949)60巻3号 Page267-272(2014.07)

原著論文

  1. Sho Hirabayashi, Kenji Hibi, Yoshihiro Hotta, Ryohei Fukumoto, Takuya Watanabe, Junichi Sakamoto, Yasuhiro Kodera.Transumbilical Single-Port Laparoscopic Surgery for Colorectal Cancers: Experience of 258 Consecutive Cases with Rational Manipulation of Instrument for Safety and Benefit.Ann Cancer Res ther.24(1):7-11,2016
  2. 曽田 均(昭和大学藤が丘病院 消化器外科), 根本 洋, 赤塚 壮太郎, 有岡 仁, 嶋田 顕, 伊東 友弘, 滝西 安隆, 江川 智久, 長島 敦, 建持 岳史, 佐々木 徹, 東 瑞智, 小泉 和三郎, 日比 健志.切除不能進行・再発大腸癌に対するCetuximab+Irinotecanの治療成績.癌と化学療法40(5),605-608,2013.
  3. 白畑 敦(昭和大学藤が丘病院 消化器外科), 原田 芳邦, 千葉 正博, 岩崎 拓也, 真田 裕, 日比 健志.健常成人を対象としたゼリータイプ経口補水液の胃排出への影響 ERASプロトコールと関連して.外科と代謝・栄養46(2),53-58,2012.
  4. 岡田 一郎(昭和大学藤が丘病院 消化器外科), 白畑 敦, 曽田 均, 齊藤 充生, 木川 岳, 根本 洋, 真田 裕, 日比 健志.切除不能進行・再発大腸癌に対する小野寺式栄養指数の意義について. 癌と化学療法 39(2) 231-235,2012.
  5. 根本 洋(昭和大学藤が丘病院 消化器外科), 齋藤 充生, 原田 芳邦, 喜島 一博, 新村 一樹, 坂田 真希子, 岡田 一郎, 横溝 和晃, 櫻庭 一馬, 白畑 敦, 梅本 岳宏, 松原 猛人, 後藤 哲宏, 水上 博喜, 木川 岳, 日比 健志.【外科医が行う胃癌化学療法】 外科医の行う切除不能胃癌の化学療法における現状.癌の臨床 57(1) 47-51,2011.
  6. 堀田 佳宏(国立病院機構名古屋医療センター外科)他. 術後3年で後腹膜再発した膵粘液性嚢胞腫瘍の1例. 日本臨床外科学会雑誌 70 (9) , 2803-2809, 2009.
  7. Hotta Yoshihiro et al. Curative effect of HF10 on liver and peritoneal metastasis mediated by host antitumor immunity. Oncolytic Virother. 2017 Mar 13;6:31-38. doi: 10.2147/OV.S127179. eCollection 2017.