東海中央病院TOP > 診療科・部門 > リンパ浮腫外来

リンパ浮腫外来

乳腺・子宮・大腸・泌尿器系等のがんによるリンパ節切除を伴う手術や化学療法後に、リンパの流れが悪くなることによって手や足・下腹部等が腫れてくることを、続発性リンパ浮腫といいます。当外来では、主に続発性リンパ浮腫の患者さんを対象に、患者さんのライフスタイルや価値観を大切にしながら、浮腫と上手く付き合っていけるよう支援することを目的としています。

外来のご案内

外来日

第1・3火曜日(祝日、年末年始を除く) 
13:00~,14:00~ ※完全予約制

場所

別館2階

スタッフ

リンパ浮腫療法士 1名

受診の際のお願い

治療は保険外診療です。
リンパ浮腫外来の受診日当日は、他科の診療は受けられませんのでご了承ください。

受診の手順

はじめに緩和ケア内科の診療を受けていただき、医師による診断後、リンパ浮腫外来の予約をお取りします。浮腫の部分に炎症がある場合、ドレナージ(マッサージ)によって症状が悪化することがあるため、診療が必要になります。

当院に通院中の方

  • 主治医にご相談ください。(緩和ケア内科の予約をお取りします)
  • 緩和ケア内科の医師が診断し、リンパ浮腫外来の予約をお取りします。
  • リンパ浮腫外来受診当日は、再来受付機で受付し、別館2階 リンパ浮腫外来へお越しください。 

他院に通院中の方

  • 通院中の医療機関を通して、緩和ケア内科の予約をお取りください。
    【ご紹介いただく先生方へ】
    「緩和ケア内科 リンパ浮腫担当医師」宛ての診療情報提供書と紹介連絡・予約申込書をFAXにて送信ください。
    担当者が調整し、予約日時をご連絡します。
  • 予約当日、1階 紹介予約窓口にお越しください。
  • 緩和ケア内科の医師が診断し、リンパ浮腫外来の予約をお取りします。
  • リンパ浮腫外来受診当日は、1階 再来受付機で受付し、別館2階 リンパ浮腫外来へお越しください。

ケアの内容

問診・浮腫の計測をし、複合的理学療法に沿った以下の項目から治療プログラムを作成、治療を開始します。

  • スキンケア(皮膚のお手入れ)
  • 医療徒手リンパドレナージ(マッサージ)
  • 弾性包帯による圧迫療法
  • セルフケア、運動療法、生活指導
  • 弾性包帯または弾性ストッキングの処方