看護部

東海中央病院TOP > 診療科・部門 > 看護部 > 各部署の紹介

各部署の紹介

東4階病棟

東4階病棟は、外科、消化器内科、泌尿器科、産婦人科の混合病棟です。消化器内科へ検査入院し手術が必要になった場合には、同病棟で患者さんが安全で安心して手術を受けられるよう、外科の医師と協働しながら周術期看護を行っております。患者さんが安心して地域社会に戻ることができるよう、看護チームカンファランスや多職種カンファランスに力を入れて取り組んでいます。

東5階病棟

東5階病棟は、平成28年4月より地域包括ケア病棟として新設されました。
地域包括ケア病棟では、急性期病棟での治療が終了し病状が安定した患者さんが、安心して在宅や介護施設などの地域社会に復帰できるよう医師・薬剤師・看護師・MSW・栄養士等が連携し、患者さんの支援を行っています。
スタッフ一同、患者さんや御家族の思いを尊重し、意思決定できるようにお手伝いさせて頂いています。

東6階病棟

東6階病棟は、呼吸器内科・緩和ケア内科・心療内科の病棟です。呼吸器の障害を抱えた患者さんの症状が改善し、入院前の日常生活に近づけるよう、摂取嚥下障害看護認定看護師・慢性呼吸器疾患看護認定看護師と援助しています。また、ご希望される過ごし方が出来るよう、患者さんやご家族と共に考え、退院調整を行っています。緩和ケアで入院された患者さんに対しては、がん看護専門看護師と協力し症状緩和に努め、思いを汲み取ったケアの提供を心がけております。

西4階病棟

西4階病棟は、平成29年11月より整形外科の病棟として開棟されました。現在社会の状況と同じく、患者さんの年齢層は高く、高齢者にみられる大腿骨頸部骨折や大腿骨転子部骨折の患者さんが多く入院されています。年間300件程度の整形外科手術が行われ、患者さんが円滑に回復し、早期にご自宅へ退院して地域社会へ復帰を目指せるよう、日常生活やリハビリなどを援助しています。また、地域包括ケア病棟と連携し、一緒に退院までの援助も行っています。

西5階病棟

西5階病棟は、脳神経外科、神経内科、歯科口腔外科、耳鼻咽喉科、皮膚科、眼科の混合病棟です。手術後の患者さんのモニタリングとケアから、退院後の生活を見据えた退院支援を行っています。また、多職種カンファレンスにて情報共有を行い、日常生活援助にリハビリを組み込むなどADL拡大に向けた援助を脳卒中リハビリテーション看護認定看護師と共に行っています。平成30年度も、急性期から地域へシームレスなケアの提供に取り組んでいます。

西6階病棟

西6階病棟は病院の最上階にあり、市内の景色や遠くは金華山まで望めるとても快適な環境です。病棟には心筋梗塞・心不全・腎不全・糖尿病など、退院後の生活の中で自己管理が必要となる患者さんが入院されています。重症度の高い患者さんにも生活の場に戻れるよう、慢性心不全看護認定看護師や多職種と連携をとりながら食事や内服・運動などの生活指導も行っています。安全で安心できる優しい看護を目指して、笑顔で職員一同頑張っております。

HCU病棟

HCUは昼夜を問わず救急患者さんや手術後の患者さんを受け入れ、日々状態の変化する患者さんが入院されています。看護師は、状態の急変時にすぐ対応できるようトレーニングを積み、病態が理解できるように勉強に励んでいます。
慌ただしい病棟ですが、明るく元気よく看護が行えるように、スタッフ一同、力を合わせています。急な入院で患者さんやご家族には不安があると思いますが、いつでも気軽に看護師に声をかけて下さい。

手術室 / 中央材料室

手術室では、年間2,000件近い手術を行っています。外科手術の多くは腹腔鏡下で行っており、器材等の設備は大変充実しています。緊急手術は外科が一番多く、次いで整形外科、脳外科手術になります。手術室は、『医療事故防止・感染予防に努め、業務を安全かつ円滑に遂行する』を基本方針に、医師、臨床工学技士など他職種とチームワークを築き頑張っています。看護師も手術室看護認定看護師と共に、患者さんが安心して手術を受けていただけるよう不安の軽減に努め、手術室看護に誇りを持って活き活き働いています。

外来

外来では、1日平均500人前後の患者さんが受診されています。各診療科においては、患者さん・ご家族の方に安心して受診して頂けるように看護師が対応しています。また、ストーマ外来・禁煙外来等の専門外来を設けており、認定看護師が医師と連携して共に患者さんに寄り添った看護を実践しています。さらに外来中央部門には、救急外来・内視鏡センター・放射線検査・外来化学療法室があり、幅広い領域の看護に携わっています。外来看護師は限られた時間の中で患者さんとの関わりを大切にし、地域の医療の担い手として頑張っています。

血液浄化センター

各務原市の透析中核施設として、急性腎不全の血液浄化療法を含め、腎不全の終末期までを見据えた透析医療・ケアを提供しております。血液浄化センターの基本方針「安心・安全な最善の透析医療の提供」「地域の医療機関とのまごころ連携」に基づき、腎臓内科医師・臨床工学技士・看護師らが連携を持ち、患者さんとご家族がよりよい生活を送る事ができるよう日々取り組んでいます。
また、当院や他施設の透析患者さんとご家族、医療職を対象に勉強会も行っております。

健康管理センター

健康管理センターは、公立学校共済の組合員とその家族および地域の皆様の健康をお守りすべく、予防医療に取り組んでいます。
医師を中心としたチーム医療で精度の高い健診を行うとともに、受診者の方の健康つくりの一助となるように、保健師(看護師)が個別性に配慮した保健指導を実施しています。また、総合病院の一組織である利点を生かし、健診に留まらないサービスの提供を心掛けております。
平成26年には、人間ドック健診施設機能評価認定(継続)を受けました。受診者の方が安心して健診を受けられる施設としてさらなる向上を目指し、日々努力しております。

緩和ケア病棟

緩和ケア病棟では、がんの患者さんの症状緩和、看とりのケアを行っています。患者さんとご家族が、少しでも穏やかな時間が過ごしていただけるよう、スタッフ一同がんばっております。どうぞ、よろしくお願いいたします。
詳細はこちら ⇒ 緩和ケア病棟