看護部

東海中央病院TOP > 診療科・部門 > 看護部 > 専門・認定看護師

専門・認定看護師

東海中央病院では、1分野3名の専門看護師、9分野に10名の認定看護師が活躍しています。それぞれの分野で、患者さんに対する高度な看護の実践や、看護職に対する指導やコンサルテーション、研修などに取り組んでいます。

専門看護師

  • がん専門看護師

認定看護師

  • 透析看護認定看護師
  • 摂食・嚥下障害看護認定看護師
  • 皮膚・排泄ケア認定看護師
  • 慢性心不全 看護認定看護師
  • 慢性呼吸器疾患看護認定看護師
  • 緩和ケア認定看護師
  • 脳卒中リハビリテーション看護認定看護師
  • 手術看護 認定看護師
  • 感染管理認定看護師

専門・認定 看護師の声

専門看護師

がん看護専門看護師・緩和ケア認定看護師  澤井 美穂
緩和ケアは、患者さん・ご家族のQOL向上を改善するためのアプローチです。苦痛を最小限に、個別性を尊重したケアを患者さん・ご家族と一緒に考え、創造し、実践していくことが看護師の重要な役割と考えています。私自身は、緩和ケアチームの一員として活動しています。がんに伴う身体的な症状の緩和や、心のケア、患者さんのご家族へのケアを行っています。
自問自答している毎日ですが、これからもお一人お一人の出会いを大切にしていきたいと思っております。
がん看護専門看護師  住田 俊彦
がん患者さんは、痛みや吐き気といった身体的苦痛のみならず、精神的・社会的・スピリチュアルな苦痛を抱え、日々苦悩しながらも懸命に生きる意味や希望を探しています。
また、患者さんを一番近くで支え、見守っているご家族も同じように苦悩しています。そのようながん患者さんやご家族のお話を傾聴する中で、生きる力を支えていきたいと思っています。
まだまだ微力ではありますが、皆様のお役に立てるように頑張っていきたいと思います。
がん看護専門看護師  平澤 宏卓
がんは、診断期から治療期、終末期に至るまで、治療やその副作用、症状緩和、療養の場、仕事や経済面などに関連したさまざまな課題があります。がん看護専門看護師は、そのような多くの課題に直面している患者さんやご家族の身体的・精神的・社会的なサポートができるように、多くの職種と協力しながら看護をしています。患者さんやご家族の希望や想いを大切にし、少しでも皆さんが自分らしく生活できるよう支援させていただきたいと思っておりますので、お気軽にご相談ください。

認定看護師

透析認定看護師  薄井 園
透析看護は、透析導入前の慢性腎不全の方、実際に透析を受けていらっしゃる方とそのご家族を対象としています。透析を受けながらも、安定した日常生活と、安心して透析治療が受けられるよう、治療に関することや心のケアなどを行っています。
透析治療では食事や日常生活などさまざまな制限がありますが、少しでも快適に過ごしていただけるよう、心がけています。
摂食・嚥下障害看護認定看護師  安江 智子
さまざまな理由から食べる事をあきらめている患者さんや、食べ物がのどに詰まる場合や息道に入ってしまうなど、危険な状態で食事をしている患者さんが多くいます。
食べたい思いを支え、安全に食事が食べることができ、可能な限り食べる楽しみを持ち続けられるようケアし、ご相談にのりたいと思います。
皮膚・排泄ケア認定看護師  稲垣 牧子
皮膚・排泄認定看護師は、スキンケア(皮膚の健康を維持すること)を基本として、ストーマ管理(人工肛門や人工膀胱のケア)・創傷管理(床ずれなど)・排泄管理(失禁ケア、おむつなどの福祉用品)を専門にしています。最近では、フットケアといって、足の爪や胼胝(一般に蛸といわれているもの)のケアも行います。
皮膚のトラブルは、痛みを伴うものが多いため、予防することを一番に考えケアを行っています。
患者さん、ご家族の問題が解決できるよう、お手伝いさせていただきます。
慢性心不全看護認定看護師  片桐 律子
慢性心不全は、さまざまな原因で心臓の機能が低下した状態です。
心臓の機能を低下させる原因となる疾患には、高血圧、心筋梗塞、弁膜症、心筋症、不整脈などがあります。
心不全は、急性増悪を繰り返すたびに心臓の機能が低下していきます。心不全患者さんが急性増悪をおこすことなく、住みなれた環境で安心して生活ができるように、患者さんとご家族と一緒に療養生活を考え、その支援を行いたいと考えています。
また専門医、看護師、薬剤師などの多職種で連携しチーム医療によって、心不全患者さんの療養生活の支援に取り組んでいきます。
慢性呼吸器疾患看護認定看護師  山羽 あす香
慢性呼吸器疾患とは、COPD(慢性閉塞性肺疾患)を代表とする、気道およびその他の肺組織の非感染性慢性疾患です。
少しの動作で息切れがする、痰や咳が長く続くという症状など、呼吸器症状を持つ患者さんとそのご家族が、安楽に過ごすことができるよう、看護を提供しています。また、当院は禁煙外来を開設しています。禁煙がなかなか成功しない、どのような治療法があるか知りたいという方は、お気軽にご相談ください。
慢性呼吸器疾患を持つ患者様に寄り添い、より良い生活を築いていけるよう、お手伝いさせていただきます。
緩和ケア認定看護師  渡邊 宣子
緩和ケアとは、がんなど悪性腫瘍に罹患した患者さんやそのご家族が、その人らしく大切な時間を過ごしていただけるよう、苦痛など症状緩和を中心に支援していく医療です。3人に2人ががんに罹患すると言われている中で治療もさまざまなものがあります。その中でも「あなたらしく」を大切にし、患者さんやご家族との時間を大切にし、穏やかな時間を過ごすことができるようお手伝いさせていただきたいと思います。
脳卒中リハビリテーション看護認定看護師  木戸地 希世美
「脳梗塞」「脳出血」「くも膜下出血」を脳卒中といいます。脳卒中は突然発症し、なんらかの障害を残すことが多く寝たきりになる疾患の第1位といわれています。脳卒中により障害を持ってしまった患者さんに対し、「その人らしく」家族とともに笑顔で過ごしていただけるよう、多職種と連携し支援をしたいと考えています。また、脳卒中の予防や再発予防のためアドバイスなどを行い患者さんやご家族の健康を守っていけるよう支援させていただきます。
手術看護認定看護師  小木曽 崇江
患者さんが手術を受けると決まって、入院してから退院される日までのことを周手術期と言います。手術看護は、手術を受ける患者さんの安全と安楽を守り、手術が円滑に行われるよう専門的知識と技術を提供します。そのために、術前から術中・術後を通して手術室スタッフだけでなく、病棟・外来看護師や多職種と連携を図り、協働して患者さんの支援をおこなっています。その支援の輪が途切れることのないよう関わらせていただきます。
感染管理認定看護師  横幕 泉 
感染管理認定看護師の役割は、様々な感染症に対する対策の相談を受けることや、正しい感染予防対策の方法を指導することです。また、感染症の患者さんが入院した場合や、院内で感染症が発生した場合、どんな場所で、どんな事をしていて感染したのかなどを調査し、院内で感染症が拡大しないよう、院内の医師、薬剤師、臨床検査技師、事務職員といった多くの職種と協働して、対策を考える役割もあります。患者さんとご家族が安心して療養できるよう、感染管理に取り組んでいきたいと考えています。