臨床研修医

東海中央病院TOP > 研修医募集 > 医科臨床研修プログラム

医科臨床研修プログラム

プログラム責任者のあいさつ

参与・プログラム責任者  松井 春雄

当院は、プライマリケアに適切に対応できる知識、技術の習得を、初期臨床研修の第一の目標にしています。勿論、市内唯一の総合病院であるため、CPA等の救急搬送も多く、多彩な症例を経験できます。研修医の人数が比較的少ないため、指導医によるマンツーマンの教育ができ、各種手技の習得も早くできます。医師としての能力は勿論、人間として一人前になれるよう、接遇教育にも力を入れています。初めて社会人となる研修医のみなさんの悩みにも対応できるように努めています。病院が中規模であり、医局も1つになっているため(研修医は別室)、各診療科の敷居が低く、相談しやすいのも特徴です。職員間の垣根も低く、コメディカルの協力のもとにチーム医療を行っています。待遇も上級医がうらやむほどです。緊張感のなかにアットホームな雰囲気もある当院で、ぜひ初期研修をおこなってください。

医科臨床研修の理念

臨床研修は、医師が、医師としての人格をかん養し、将来専門とする分野にかかわらず、医学及び医療の果たすべき社会的役割を認識しつつ、一般的な診療において頻繁に関わる負傷又は疾病に適切に対応できるよう、基本的な診療能力を身に付けることのできるものでなければならない。

医科研修プログラム概要

必須科目は、内科(6ヶ月)、救急(3ヶ月)、外科(1ヶ月)、麻酔科(1ヶ月)、精神科(1ヶ月)、地域医療(1ヶ月)です。1年次では内科、救急、外科、麻酔科の研修を行います。2年次では、精神科(各務原病院)および地域医療(久美愛厚生病院・フェニックス総合クリニック)を協力病院で研修します。残りは自由選択(11ヶ月)です。上記必須科目の追加研修や、脳神経外科、整形外科、小児科(長良医療センター)、産婦人科(岐阜県総合医療センター)、健康管理科から選択し研修することができます。希望があれば、公立学共済組合系列7病院(東北、関東、北陸、近畿、中国、四国、九州)で研修を行うこともできます。

研修目標

卒後早期に臨床研修を希望する医師が、指導医のもとで基本となる医学・医療に関する知識や診療技術を習得することにより、基本的臨床能力を身につけ、プライマリケアに対応できるようトレーニングを行うとともに、実際に医療現場で働きながら『医の倫理』を体得し、医師としての質の向上を図ることを目標とする。

指導体制

研修医は研修計画に従って各科に配属され、科ごとに決定される代表指導医の総括のもとで、各科の研修カリキュラムに沿って研修を実施する。

救急および当直について

当院は二次救急病院として、各務原市の約半分の救急車を受け入れています。診療体制は、若手医師で構成する救急チームと、上級医で構成する院内当直(内科系・外科系の交代制)2名に、研修医は副直として当直に入ります。多忙であった宿直の翌日は、申し出により勤務免除もあります。

スケジュール例

研修環境

施設

  • 研修医室:あり
  • 図書室 :あり

研修医の待遇および福利厚生

  • 身分:常勤職員
  • 給与(概算):
  給与額(月) 賞与(年) 年収
1年次 約52万円 約75万円 約700万円
2年次 約80万円 約100万円 約1,000万円

※当直手当5回/月、超過勤務30時間/月(2年次のみ)を見込んでいます。

福利厚生

  • 宿舎:あり
  • 健康保険:1年次 協会けんぽ / 2年次 公立学校共済組合
  • 年金保険:厚生年金
  • 医師賠償責任保険:病院にて加入
  • 院内保育所完備(24時間保育実施)
  • 学会出張:出張費支給あり
  • その他:希望図書の購入可能・エビデンス検索ソフトあり