病院のご紹介

東海中央病院TOP > 病院のご紹介 > 病院長ごあいさつ

病院長ごあいさつ

東海中央病院は、昭和30年4月に公立学校共済組合の職域病院として設立されました。その後、地域住民の方々にも開かれた病院として、診療部門の拡大や病床数の増加を重ね、現在では、公立学校の教職員の方々とそのご家族の健康管理を担うとともに、各務原市及びその周辺地域の中で、実質的に市民病院の役割を果たす中核的な病院となりました。

当院では、地域や社会に求められている急性期医療を果たすことを使命と考えています。その上で、患者さんが切れ目のない療養生活を安心して送ることができるよう、急性疾患や専門的診療を要する重篤な疾患、大きな手術を要する疾患を当院が扱い、普段の健康管理や初期の治療を地域のかかりつけ医の先生方にお願いする「地域医療連携」に軸足をしっかり置いていきます。
また、急性期疾患の治療にありがちな、“からだ”だけに焦点を合わせるのではなく、患者さん、ご家族の不安や生活上の悩みに理解と共感を示し、心のこもった、優しさと温もりのある療養環境を作り上げることが非常に大切です。そのため、職員一同が、当院の基本理念である「最高の誠意、最善の医療」を心がけ、各職種の連携による高いレベルのチーム医療を実践していきます。
昨今の医療を取り巻く環境は、わが国が人口の高齢化と少子化に伴う「少産多死社会」を迎える中で、大きく変化しています。当院は、そのような背景を十分に認識して、社会の変化に柔軟に対応し、病院の機能を充実させていく所存です。

当院は、平成23年3月に新病院を開設し、これからが大きな飛躍の時期にあたります。今後も、地域の医療・介護・福祉のコミュニティに密着した親しみのある病院を目指し、日々努めていきますので、何卒よろしくお願いいたします。