外来のご案内

東海中央病院TOP > 外来のご案内 > 初診時の保険外併用療養費について

初診時の保険外併用療養費について

当院の初診時の保険外併用療養費は2,160円(うち消費税等160円)です。

保険外併用療養費とは…

国は医療機関の機能分担を推進する目的で「初期の診療は地域の医院・診療所で、高度・専門医療は病院(200床以上)で行う」という制度を設けました。
この制度に基づき、ベッド数332床の当院では、初診時に紹介状をお持ちでない方を対象に、上記のとおり2,160円の保険外併用療養費をお支払い頂くこととさせていただいています。
紹介状をお持ちいただくことで、紹介元では、過去どのような状況であり、今回どのような内容で当院にて診察の必要があるか等、診療情報をスムーズに把握し、診療の円滑化につながります。
できる限り、かかりつけ医からの紹介状(診療情報提供書)をお持ちいただき受診していただくようお願いいたします。

「初診」とは…(健康保険法により定義されています)

  1. 公立学校共済組合東海中央病院に初めて受診する場合
  2. 以前に公立学校共済組合東海中央病院を受診したことはあっても、すでにその時の病気の治療期間が終了した(治癒した)後に再び来院された場合
    • 前回の症状がいったん治まった、もしくは治療を継続していない場合、治癒とみなされます。
    • どの程度間隔があくと治癒とみなされるかは疾患によって異なります。
      ※ 疾患によっては最終来院日より1ヶ月以上間隔があくと治癒したと判断される場合もあります。初再診の判断については医師にお尋ねください。
  3. 前回患者さんが任意に診療を中止し、改めて受診される場合

初診時の保険外併用療養費のお支払い対象外の方

  • 当院以外の医療機関からの紹介状を持参された方
  • 緊急な診療を必要とされる方のうち救急車で来院された方
  • 特定の疾患、または障害などによる各種公費負担制度の対象とされている方
  • 生活保護法の医療補助を受けている方

※ 各種公費負担制度のうち「(乳)乳幼児医療費助成制度」及び「(親)ひとり親家庭医療費助成制度」の対象者で、休日・時間外(17:15~翌8:30)に受診される方については、初診時の保険外併用療養費の算定対象となります。
※ 歯科とその他の科は、健康保険法上は別の管轄となりますので、それぞれ別に初診時の保険外併用療養費の請求が行われます。