東海中央病院TOP > お知らせ > 地域医療連携情報交換会を開催しました

ブログ 地域医療連携情報交換会を開催しました

2017年7月 7日

平成29年6月10日(土) 「東海中央病院地域医療連携情報交換会」を開催しました。

今回 初の試みで、地域医療機関の先生方と『顔の見える医療連携』をメインテーマとして、コパン各務原にて行いました。
日頃は患者さんのご紹介や逆紹介、診療情報の交換など頻繁に行っていますが、“先生と名前が一致しない”、”どのような先生なんだろう”など、顔が見えていませんでした。
そこで今回の会は、講演により当院の最新の治療の現状をお知らせする共に、診療科部長が自科のアピールを行い、より当院を知っていただくこととしました。

<講演1>「当院におけるカテーテル治療の現状」
     東海中央病院 第二循環器内科部長 松尾一宏 医師
DSCF6179_R.JPG DSCF6182_R.JPG

<講演2>「当院で行う最新の腹腔鏡下手術」
     東海中央病院 副院長兼第一外科部長 日比健志 医師
DSCF6194_R.JPG DSCF6195_R.JPG

それぞれの講演終了後の質疑では、たくさんの質問を頂戴し、的確な回答をお返ししていました。
また、先生方からは「今の東中さんはここまで出来るのですね」「東中さんの医療の技術の高さを知ることが出来て大変良かった」と、改めて当院を知っていただく絶好の機会となりました。

講演が終わったあとは、当院の診療科部長が、自科の得意分野や行っている診療や治療内容を一人ずつ説明し、「それぞれの診療科では何が出来るのか」を より知っていただきました。

その後は、懇親会へ移行しました。
ここでは 地域医療機関の先生方、当院の医師、医療スタッフ、事務などがテーブルを囲んで、質問や活発な意見交換が行われました。
また 地域医療機関の先生方同士も、楽しそうに会話をされていました。
終始なごやかな雰囲気で進み、本当の”顔の見える”情報交換会とすることができました。
 

この会について、各務原リハビリテーション病院 副院長 和座雅浩 先生のブログ「和座の部屋」でご紹介いただきました。
和座先生のブログは こちらからご覧いただけます。
「和座の部屋」http://www.seidoukai.or.jp/reha/blog/11370.html