東海中央病院TOP > お知らせ > 2017年3月 一覧

2017年3月 一覧

ブログ 【外科】腹腔鏡下尿膜管切除術

2017年3月30日

先日は腹腔鏡下で尿膜管切除術を行いました。少し前に、有名なフィギュアスケートの選手が同じ手術を受けられたという報道がありましたので、ご存知の方も多いと思います。

尿膜管とは、人が生まれる前に臍帯と膀胱をつないでいる管で、生後は退化して消失します。稀に生後も遺残すると、臍から膿が出るなどの症状を起こします。従いまして、若い方に多い病気です。

手術は術後の創が見えにくくなるように、左下腹部に5mmポート2本、12mmポート1本を挿入します。
    尿膜管手術_1

その後、下の図のように切除します。手術時間は1時間程度です。術後の入院期間は、特に経過に問題がなければ2~3日となります。
   尿膜管切除術_2.jpg

お知らせ 広報誌とうかい67号を掲載しました

2017年3月28日

当院の広報誌 とうかい67号(平成29年春号)を掲載しました。

お知らせ 4月の外来診療担当表・休診のご案内

2017年3月28日

4月の外来診療担当表・休診のご案内は、こちらからご覧ください。

外来診療担当表をみる

休診のご案内をみる

ブログ 【薬剤部】薬学生のための企業説明会に参加しました

2017年3月24日

薬剤部長の佐藤です。
3月19日(日)、薬学生のための企業説明会に参加してきました。薬学生のための企業説明会_20170319.jpg
(株式会社ユニヴ主催)
会場はTKP名古屋駅前カンファレンスセンター(名古屋)で、当日は天候がよく暖かい一日でした。

参加企業は、調剤薬局をはじめ、官公庁、病院です。当院のブースには17名の学生が訪れました。岐阜薬科大学、名古屋市立大学、名城大学、金城学院大学、同志社女子大学の学生です。
説明は1クール30分の時間が設けられ、病院の概要、位置づけや薬剤部の業務については、雰囲気を感じていただくため写真を用いて説明しました。学生の皆さんは真剣に耳を傾け、特に病棟での薬剤師の業務の取り組みや、将来資格を取るための支援について質問が出ていました。
当院では、平成30年4月採用に向けて、施設の見学会を予定しています。すでに見学を申し込まれた学生もいます。
当院へ就職を希望されている学生の皆さん、一度施設を見学に来ませんか。
見学の詳細はこちらから。

勉強会 第96回 緩和ケア勉強会開催のお知らせ【終了しました】

2017年3月24日

  日時   平成29年4月19日(水) 17:45~19:00
場所 東海中央病院 3階 大会議室
演題 消化器症状の緩和について(仮)
演者 医療法人徳洲会 大垣徳洲会病院 副院長 天岡 望 先生
チラシ 第96回緩和ケア勉強会 チラシダウンロード(PDF)

事前の申し込み等はありません。どなたでもご参加いただけます。

ブログ 【放射線科】勉強会を開催しています

2017年3月23日

放射線科の中川です。
毎月恒例の放射線科の勉強会の様子をご紹介します。
今回は『デリバリーPETの基礎と臨床』について勉強しました。
PET(ペット)検査は耳にされることもあると思いますが、がんを検査する方法の一つです。
早期発見のため、特殊な検査薬で「がん細胞に目印をつける」というのがPET検査の特徴です。
当院はPET検査を行っておりませんが、近隣のPET保有施設病院と連携し、必要と認められる場合は紹介も行っております。
高性能なPET/CT装置が普及し始めている現在の状況や画像などについて、理解を深めました。
放射線科勉強会

ブログ 【外科】胃癌学会総会

2017年3月13日

先週は、広島で行われました胃癌学会総会に参加してまいりました。胃癌学会総会 
その日のNHKニュースでも報道されていましたが、日本の胃癌患者の手術予後は、欧米に比較してかなり優れています。何故なら、転移している可能性のあるリンパ節は、癌から離れた場所までしっかり切除するからです。欧米では胃癌や大腸癌も全身病として扱いますので、手術による局所制御は日本ほど行われず、リンパ節は癌周囲の切除に留まります。

私は専ら、腹腔鏡手術のセッションを聴いてきました。手術も日進月歩で変化しますし、常に最新の治療を提供できるように頑張っています。

 

学会は平和記念公園内にある国際会議場で行われましたので、空いた時間に慰霊碑まで手を合わせに参りました。
我々は1人の患者の命を救うことに必死ですが、戦争では一瞬にたくさんの命が失われます。
平和記念公園.JPG

ブログ 【外科】腹腔鏡下胆嚢摘出術のクリニカルパス

2017年3月 3日

2月15日のブログで、腹腔鏡下ソケイヘルニア手術のクリニカルパスをご紹介しました。
引き続き、よく行なわれる腹腔鏡下胆嚢摘出術のパスもお知らせしたいと思います。

手術に必要な検査はソケイヘルニアの手術と同じで、基本的にすべて外来で行なっておきます。ですから入院は手術前日となります。また手術前日は飲食も自由です。
手術日は朝から絶飲食となり、手術後はベッド上安静となりますが、翌日はもう自由に動けますし、飲食もそれほど制限はありません。そして特に問題がなければ、手術日から2~3日目に退院となります。
clinical path_2.jpeg(クリックしていただくと別ウインドウで表示されます)

よく聞かれることですが、胆嚢が無くなっても胆汁は肝臓で産生されていますので、特に消化に影響することはありません。
退院後は、通常の仕事や運動くらいであれば、個人差はありますが早いうちから可能になります。

ブログ 【看護部】患者様の生活の再構築に向けた看護の実践

2017年3月 3日

西病棟5階は、脳神経外科・神経内科・歯科口腔外科・耳鼻咽喉科・皮膚科の混合病棟です。
脳卒中で入院される患者様が多いため、医師を中心に脳卒中リハビリテーション看護認定看護師は、看護師やセラピスト、ソーシャルワーカーなどチームで早期リハビリを開始し、障害の程度を下げて社会復帰できるように支援しています。
また、身体機能の回復支援だけでなく、精神的支援を大切にし、看護の力で患者様の生活を取り戻せるよう取り組んでいます。
西5病棟

勉強会 第95回 緩和ケア勉強会開催のお知らせ【終了しました】

2017年3月 1日

日時 平成29年3月15日(水) 17:45~19:00
場所 東海中央病院 3階 大会議室
演題 家族の悲嘆・喪失へのケアについて
演者 東海中央病院 がん看護専門看護師 住田 俊彦
 チラシ  第95回緩和ケア勉強会 チラシダウンロード(PDF)

事前の申し込み等はありません。どなたでもご参加いただけます。