東海中央病院TOP > お知らせ > 2017年1月 一覧

2017年1月 一覧

講座・講演会 第3回 看取りのセミナー開催のお知らせ【終了しました】

2017年1月30日

日時 平成29年3月4日(土) 13:30~15:00
場所 東海中央病院 3階 大会議室
内容 ・施設における麻薬の取扱いについて
・情報交換
対象者 介護・福祉職員
申込方法

下記の参加申込書をダウンロードしていただき
平成29年2月27日(月)までにFAXにてお申込みください。

参加申込書(PDF)ダウンロード

【申込先】
 FAX 058-382-1762

チラシ 第3回看取りのセミナー(PDF) チラシダウンロード

 

お知らせ 2月の外来診療担当表・休診のご案内

2017年1月27日

2月の外来診療担当表・休診のご案内は、こちらからご確認ください。

外来診療担当表 2月(PDF)をみる

休診のご案内 2月(PDF)をみる

ブログ 【看護部】ナース専科就職ナビ 合同就職説明会に出展しました

2017年1月25日

平成29年1月21日(土) 名古屋市中小企業振興会館で開催されました、ナース専科就職ナビ 合同就職説明会に出展しました。
当院のブースには、50名の学生さんが訪問してくださいました。そのうち10名の学生さんからインターンシップ参加の申し込みをいただきました。

今後の出展予定

日 時 イベント名 主 催 会 場
平成29年3月20日(月・祝) 看護師就職 春ガイダンス 中日新聞社 吹上ホール
第一ファッション展示場
平成29年4月29日(土・祝) 看護学生就職セミナー
合同病院説明会
マイナビ じゅうろくプラザ

 

ブログ 【外科】ガイドラインについて

2017年1月24日

先週、盛岡で行われました大腸癌研究会に参加してきました。ここで、大腸癌治療ガイドラインが作成されます。

ところで皆さんは、診断や治療のガイドラインというものをご存知でしょうか。医療の均てん化(医療サービスなどにおいて地域格差を無くし、全国どこでも等しく高度な医療を受けることができるようにする)を目指し、全国から集められたデータを基にして、学会等で様々なガイドラインを作成しています。いわゆる evidence based medicine (EBM)のための教科書です。

ガイドラインに沿わない自分の経験に基づいた治療 といったような正しい根拠のない治療を行うことは、今の時代認められるべきものではありません。ただ、残念ながら今なおそうした不確かな治療がまかり通っているのも事実です。患者さんには医師を選択する権利がありますので、そうした治療を行なっていないかをよく見定めて、主治医を選ばれることをお勧めします。

勉強会 第94回 緩和ケア勉強会開催のお知らせ【終了しました】

2017年1月24日

日時 平成29年2月15日(水) 17:45~19:00
場所 東海中央病院 3階 大会議室
演題 輸液について
演者 東海中央病院 緩和ケアセンター長 川端 邦裕
チラシ 第94回緩和ケア勉強会 チラシダウンロード(PDF)

事前の申し込み等はありません。どなたでもご参加いただけます。

ブログ 【外科】単孔式ソケイヘルニア(いわゆる脱腸)手術

2017年1月19日

ソケイヘルニア手術についても単孔式を使用しています。そもそもは前回お話しした方法で行なっていたのですが、患者さんの負担をできる限り減らし、迅速かつ的確な手術を行なうため、症例を重ねるごとに改良を加えています。

ヘソの創は2cmとし、ほぼヘソの中だけにとどめています。その代り、ヘソの左に微小孔を開けて、直径2.3mmの鉗子を入れています。
single_port_surgery2-1.jpg

手術が終わったあとは、今までの方法よりもさらに創は見えにくくなっています。
single_port_surgery2-2.jpg

ヘルニアの手術では大腸癌や胆石の手術と違い、臓器をお腹の外に取り出す必要が無いので、2cmの創でも問題ないのです。

この方法は、全国学会のシンポジウム等で報告しています。

お知らせ 病院見学・インターンシップのご案内を更新しました

2017年1月17日

病院見学・インターンシップのご案内のページを更新しました。
開催予定も更新していますので、ぜひご覧ください。

今年から、新たに2日間のコースを設けました。この2日間で、あなたの知りたいこと、気になっていることを
当院で活躍する先輩看護師にたくさん聞いてみてください。

看護学生のみなさん! ご参加をお待ちしています。

 

病院見学・インターンシップのご案内 はこちらから

ブログ 【外科】現在行なっている単孔式手術について

2017年1月13日

いろいろな疾患に対して、単孔式手術を行なっているのは前述どおりですが、現在は特別な医療器具を腹壁に置いています。そこにトロッカーと呼ばれる器具を3本挿入し、中央に腹腔鏡、左右から鉗子等を挿入して手術を行います。
single port surgery_1.jpg

そして手術が終わり、創を閉鎖すると、ヘソを中心とした3cmの創だけが残ります。この創は時間が経つと収縮し、ヘソの中に引きこまれますので、ほとんど目立たなくなり、手術をしたかどうかもわからないほどになります。
single port surgery_2.jpg

講座・講演会 東中すこやかセミナー開催のお知らせ【終了しました】

2017年1月10日

このセミナーは、各回のテーマに沿って当院の医師・薬剤師・看護師など複数の医療スタッフが講師となり、医療の情報や予防、健康を保つための秘訣などを講義します。
また、日常生活に役立てていただくため、ご自宅で実践できることを盛り込んだ内容で構成しています。

今回は、冬に増加するノロウイルス感染がテーマです。正しい知識と予防策について理解を深め、ご家庭等での蔓延を防ぎましょう。

事前の申し込み、参加費等はございませんので、お気軽にご参加ください。

日時 平成29年2月9日(木)
14時00分~15時00分(開場13時30分)
場所 東海中央病院 3F 大会議室
テーマ 「ノロウイルスをやっつけろ! ~家庭での感染対策~」
講師 感染対策チーム
ポスター 東中すこやかセミナー ポスターダウンロード(PDF)

 

ブログ 【外科】外科のブログを始めます

2017年1月 6日

新年あけましておめでとうございます。

以前から外科の情報発信を考えておりましたので、今年からブログを始めたいと思います。
不定期で、いつまで続けられるかわかりませんが、よろしくお願いいたします。

当科の特徴は、安全かつ完全なリンパ節郭清を伴う腹腔鏡下手術を行うことです。
癌の再発を防ぐにはリンパ節を適切に切り取ることが必要ですが、手術を受ける患者さんにはそこまでわからないため、いい加減な腹腔鏡下手術が行われている場合が多々あります。
数少ない内視鏡外科技術認定医として、自信を持って確実な手術を行っています。
さらには患者さんの負担を少なくするために、ヘソの穴を利用してこうした手術を行っています。これを単孔式腹腔鏡下手術と言い、胆嚢、虫垂炎、ヘルニアの手術等でも行っております。
詳しくは外科のページをご参照いただくか、今後のブログをご覧ください。
 

                              副院長・第一外科部長  日比 健志

外科のページはこちらから