東海中央病院TOP > 診療科・部門 > 心療内科

心療内科

概要と特色

心療内科は、身体症状と同時に、心理的な背景も考慮して病気を治療しています。慢性頭痛や過敏性腸症候群、過換気症候群、いわゆる自律神経失調症などの身体不定愁訴が治療対象になります。軽症のうつ病やパニック障害など、精神科領域の疾患でも身体症状が前面に出ている場合は診察しています。心療内科の範囲では治療できないような場合には、各務原市内や岐阜市、犬山市などの精神科に紹介しています。

主な検査と心理療法

20~60の項目に○×を記入するのみで回答可能な、BDI-2、TEG(エゴグラム)、MAS (不安尺度)などの簡易式の検査と、長谷川式やMMSEの簡易式認知症検査、WISC−R(知能検査)、WAIS−Rなどの知能検査が可能です。これらの検査の他、臨床心理士による面接を行っています。
面接は、感情と行動の関係を認証し、より適応性のある対処の仕方を援助する行動療法です。

医師紹介

役職
(出身大学/医学部卒業年)
氏名 資格、主な所属学会等
非常勤
(名古屋大学/平成2年)
宮田和子 日本内科学会認定内科医