東海中央病院TOP > 診療科・部門 > リハビリテーション

リハビリテーション科

概要と特色

市の急性期病院としての機能する当院で治療を受けられた方へリハビリテーションを行います。様々な疾患を持ってみえる患者さん個別にリハビリテーションプログラムを作成し実践します。また入院中より患者さんの方向性に目を向け医師、看護師、MSW(メディカルソーシャルワーカー)等と連携し在宅や転院先へ向けてゴールを設定し訓練を実施していきます。

主な疾患と治療について

整形外科的疾患においては人工関節術後、骨折後、手術後などの疾患を対象とし、理学療法・作業療法を中心に行います。人工関節などの手術ではクリニカルパスを利用し早期よりリハビリを開始し、早期の自宅退院、仕事復帰を目標としてリハビリを行います。
内科的疾患においては呼吸器疾患、循環器疾患などを対象として理学療法・作業療法・言語聴覚療法を行います。入院により体力や全身の筋力低下が起こることがあります。そういった方々の体力向上などのためリハビリテーションを行います。
脳神経系疾患では脳梗塞・脳出血・パーキンソン病といった疾患を対象として理学療法・作業療法・言語聴覚療法を行います。病気の発症により歩行困難となった方、手指の機能が障害された方、飲み込みや会話が困難となった方などにリハビリを施行していきます。
その他に耳鼻咽喉科にて嚥下内視鏡検査(VE)を実施、その結果を基に嚥下訓練を積極的に行っています。

リハビリテーション科もご覧ください。

医師紹介

役職
(出身大学/医学部卒業年)
氏名 資格、主な所属学会等
リハビリテーション科部長
(福井医科大学/平成7年)
田畑 出 医学博士
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医