東海中央病院TOP > 診療科・部門 > 診療放射線科

診療放射線科

東海中央病院 診療放射線科

診療放射線科の紹介

診療放射線科は、一般診療部門と検診部門の各種検査に従事し、『思いやりの検査』『最適画像の提供』を基本方針として、診療の支援を実施しています。
スタッフ構成は、診療放射線技師17名、放射線助手3名、看護部より看護師2名の応援を得て、検査の迅速性と安全性を確保しています。
検査については、超音波検査士、検診マンモグラフィ撮影認定技師、胃がん検診専門技師、X線CT認定技師等の資格を有した診療放射線技師を中心として、質の高い医療の提供に取り組んでいます。

CT

CT

64列マルチスライスCTを使用しています。
この装置は撮影速度が速く、短時間で広範囲の撮影が可能です。
被ばく低減を考慮した設計になっており、患者様の体格に応じてX線量を調節する機能があります。高画質を維持しながらできるだけ被ばくを抑える事が可能です。

MR

MR

1.5テスラのMRI装置を使用しています。
MR装置は磁気とラジオ波を用いて身体の内部を画像化する放射線被ばくのない検査です。全身の臓器をいろいろな方向の断面で観察する事ができ、脳血管の状態も比較的容易に検査できるので、特に頭部や脊椎の検査に有用とされています。

アンギオ

アンギオ

心臓専用の装置と頭部腹部専用の装置を設置しています。従来に比べ綺麗な画像を得ることができるのはもちろん、被ばく線量が少ないのが特徴です。

乳房撮影装置

トモシンセシス機能(3D)を併せ持った乳房撮影装置です。従来の装置では難しかった、重なり部分の明瞭な鑑別が可能になっています。

核医学検査

核医学検査

この装置は通常のRI検出器に加え、診断用CT装置が搭載されています。
核医学画像とCT画像を重ね合わせて表示したり、測定値をより適正な値に補正することができるようになり、以前の装置に比べより正確でより高い情報を提供できるようになりました。

超音波検査

超音波検査

超音波を使った検査のため放射線被ばくはありません。
30年ほど前から、腹部超音波検査を人間ドックに利用してきました。装置の技術向上により肝臓、膵臓、腎臓、子宮、卵巣、腹部大動脈などを検査しています。検査を行う診療放射線技師は、日本超音波医学会の認定試験に合格したものが主となり、精度管理された検査を年間14,000件程度行っております。
平成27年度腹部超音波検査精度管理調査にてAの評価を頂きました。