東海中央病院TOP > 緩和ケアセンター > センターの役割

センターの役割

「緩和ケア」とは、悪性腫瘍を患った患者さんが、‘治療’を目指すのではなく「苦痛な症状」を緩和し、患者さんが「その人らしく過ごせる」よう支援するための医療です。緩和ケアセンターでは患者さんやご家族のつらさを軽減し、生活の質の向上を目的とした医療を提供しています。

活動方針

  • 痛みをはじめとする症状の緩和ができるよう支援を行います
  • 患者様とご家族の精神的な支援を行います
  • 地域連携と協働して、転院・在宅療養に向けて支援を行います
  • 医療者に緩和ケアに関する勉強会を行っています

活動概要

緩和ケア専門の医師、看護師、薬剤師等を中心とした緩和ケアチームとして、患者さんの身体症状、不安など気持ちのつらさを和らげるとともに、生活やスピリチュアルなことを含めてサポートする取り組みを行っています。

3つの柱

1)緩和ケア外来
外来で悪性腫瘍治療の主治医や地域の医療機関と連携して支援します。

2)緩和ケアチーム
入院中の一般病棟で悪性腫瘍治療の主治医や病棟スタッフと連携して支援します。緩和ケアチームが病室へ伺います。

3)緩和ケア病棟
緩和ケア専門病棟において、緩和ケアを主体に支援します。


※ 研修の参加も募集しています。

その他の活動

  • 一般の方(患者さんやご家族を含む)や医療関係者を対象とした勉強会を定期的に開催し、地域の緩和ケアの普及、啓発に努めています。勉強会の詳細は随時お知らせ欄へ更新しておりますので、ご確認ください。参加申し込みの必要はありません。多くの方のご参加をいつもお待ちしております。
  • 相談窓口も開設しております。お気軽にお問い合わせください。