病院のご紹介

東海中央病院TOP > 病院のご紹介 > 医療安全

医療安全

基本方針

当院の理念「最高の誠意」「最善の医療」を基盤とし、患者が安心して安全な医療を受けられる環境を整える。 医療従事者は医療に細心の注意を払うとともに、事故を未然に防ぐための知識・技術を習得しなければならない。組織は医療の安全管理のための体制を確保し、医療事故や医療事故に結びつく可能性のある事象(ヒヤリ・ハット)について、情報の収集、分析、対応、評価を系統的に行い、この一連の作業を恒常的に遂行することにより、組織的な事故防止対策を推進し、安全な医療組織を構築させる。

主な活動

医療安全管理委員会 毎月1回開催
医療安全管理委員会PDF
医療安全管理室会議 毎週水曜日12時~13時 委員会を開催し、ヒヤリハット報告事例の検討をする。
医療安全管理室会議PDF
医療安全管理者(専従) 院内の巡回・指導、事故対応、研修会企画
院内リスクマネージャー 所属部署の安全管理、研修の実施
医薬品安全管理者
医療機器安全管理責任者
各1名
医療安全のための
具体的な対策と教育・研修
マニュアルの整備
関連委員会との協同(感染委員会・輸血委員会・医療の質検討会)

患者さん・家族への情報提供と説明

本指針・医療安全管理マニュアルは、患者さん・家族の求めに応じ閲覧できる。
安全な医療の実現のためには、十分な説明・同意が実施され、患者さん・家族の医療への参加が必要である。

医療事故報告