EUS-FNA(超音波内視鏡下穿刺生検法)





【EUS-FNA(超音波内視鏡下穿刺生検法)】

 EUS-FNA(超音波内視鏡下穿刺生検法)とは、最先端の内視鏡診断法であり、平成22年4月より保険適応となりました。従来の内視鏡下生検では診断不可能であった、胃粘膜下腫瘍、十二指腸腫瘍、小腸腫瘍、膵腫瘍、胆管腫瘍、胆のう腫瘍、肝腫瘍、腹腔内リンパ節、腹腔内腫瘍、骨盤内腫瘍、腹水、食道腫瘍、縦郭腫瘍、縦郭リンパ節などの組織、細胞を採取し即座に診断可能な活気的な診断法です。経消化管的に穿刺して診断します。具体的には静脈麻酔下に胃内視鏡検査と同様に経口的にスコープを挿入し、食道、胃、十二指腸を介して穿刺する方法と大腸内視鏡検査を行うように経肛門的にスコープを挿入して直腸、結腸を介して穿刺する方法があります。従来の診断法では体内に腫瘍があった場合、エコー、CTなどの画像診断で悪性が否定できないがために、外科的切除となる患者さんや、治療方針決定のために全身麻酔下に開腹または開胸腫瘍生検をした後に、外科的手術または化学療法、放射線療法と治療方針が決定する患者さんが居られます。この手技を用いれば、外科的手術となる前に、経消化管的に超音波で見える腫瘍であれば穿刺して確定診断をすることが可能であり、過大な手術を避けることが可能です。
 検査時間は30分程度であり、静脈麻酔下に行うため苦痛が少なく済み、このEUS-FNAの手技が出来ない施設では、従来の方法である、全身麻酔下の開腹腫瘍生検は少なくとも2時間近くはかかるため、全身麻酔をする必要もなく、また病理医、細胞診検査士が同席し、迅速細胞診を行うため、検査中に病理学的確定診断を得ることが可能です。
 当院でのEUS-FNAの適応は
1. 画像診断で良悪性の鑑別が困難な腫瘍
2. 穿刺により治療方針が決定される場合
3. 化学療法前の病理学的確証を得る場合
などとしています。
  また当院ではEUS-FNA用の穿刺スコープを常備しておりますので、いつでも1泊2日の入院でEUS-FNAを施行することが可能です。今までに偶発症を生じたことはありません。
  診断でお困りの方がおられましたら、当院消化器内科外来へ気軽にご相談下さい。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


 EUS-BDという超音波内視鏡下胆道ドレナージを行った症例の動画です。
この患者さんは十二指腸癌のため、十二指腸乳頭(胆汁の出口)が癌で覆われてしまったため、通常のERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影)を用いた、EBD(内視鏡的逆行性胆道ドレナージ)が不可能となった患者さんです。閉塞性黄疸という胆管が詰って黄疸が出現しました。91歳と高齢なため、PTBD(経皮的胆道ドレナージ)などの外痿とすると、自己抜去の可能性や、体内外にチューブを留置することとなると、感染の問題やお風呂の問題があります。そこで前述のEUS-FNA(超音波内視鏡下穿刺)の手技を利用した胆道ドレナージを行いました。左の動画は超音波画面です。太く拡張した総胆管の背側にはカラードプラで血流が確認される。門脈という血管があります。超音波でリアルタイムに観察しながら、穿刺ルートに血管がないことを確認して、胆管を穿刺します。ガイドワイヤを胆管内に挿入し、右の動画のように内視鏡画面も確認しながら胆管チューブステントを挿入します。この手技により、体内にチューブを埋め込む形で胆管ドレナージが可能となり、黄疸は消失し、現在のところ約1年間チューブ閉塞もなく、黄疸も出現せず胆管ドレナージが成功した症例です。

  このような特殊な最新式のドレナージも当科では積極的に行っております。